メルポスサンデックの会社概要

お問い合わせは、フリーダイヤル0120320702

blog

今日はハロウィンですね(^^♪ 仮装ポスティングはさすがにできませんが…(^_^;)

2019年10月31日

今日10月31日はハロウィンですね。

 

町中はハロウィン一色で今年も渋谷は大変なことになるみたいです。

 

対策に一億円も政府がかけるというニュースまで流れました。

地方の私は楽しそうだなぁ~て思うくらいですが…

 

ハロウィンといえばお化けですが、先日ポスティング中にお化けよりも怖い体験をしたので

ちょっと合わせてご紹介できたらと思います。

 

以下引用 https://neirof.com/1497.html

「もともとのハロウインはキリスト教ではなく、ヨーロッパで、ケルト人たちが始めた習慣です。

2000年以上昔のケルト民族の宗教に「サウィン祭 ( Samhain )」という儀式がありました。

この日は死者の霊が親族を訪れると考えられていました。

亡くなった人の魂があの世からこの世に帰ってくる日本のお盆と、良く似ていますね。

これがハロウィンの起源と言われています。

後に、カトリック系がケルト民族を侵略し、ケルト人の中にキリスト教が浸透していきます。

カトリック側はケルト人の宗教儀式を、自分たちの宗教に取り込んでいきました。

前述のように、カトリックでは11月1日を万聖節・諸聖人の日と決めていました。

諸聖人の日(All Hallows:オール・ハロウズ)

この諸聖人の日の前夜祭という役割も融合されて、“Hallows eve”。

それが訛って ”Halloween” という説がありましたね。

ケルト民族の1年の終わり、サゥイン祭が行われる10月31日がちょうど前日にあたります。

ケルト人にキリスト教が根付いてきた時に、一日違いのそれぞれの記念日は融合していきます。

つまり、

ハロウィンは亡くなった人の魂を祭る行事の、前夜祭的な位置づけになったということです。

ケルト人の行う儀式が形を変えて、キリスト教を信仰する民族にも伝わったことで、ハロウィンはキリスト教の文化圏に広がっていったのです。

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いは、ほとんどなくなっています。」

収穫祭だったみたいですが今ではただの祭りですね。

死者に紛れておこなう祭りっていうのにはなかなか趣を感じますが渋谷でけが人が出ないことを

いのります。

そして先日お化けよりも怖かったという体験がこちら。

先日の大雨の中ポスティングしていたら、川が氾濫して冠水してきて「うぉぉぉぉっ!」と思ったのですが

何とか配りきってきました。笑

少しチラシを濡らしてしまったのが悔やまれます。

お客様申し訳ございません。(*_*)

頑張ったので大目に見ていただけたら嬉しいです。

こんな経験は初めてだったのですが、夕方になり雨が上がると

空にはこれがまた見たことのない

虹!!!!!

写真だとわかりにくいですがここまでくっきりした虹は初めて見ました(^^♪

数時間の間に人生初体験を二つも経験してしまいました!!

あ、ちなみに写真は安城市を配っていた時の写真です。

安城にお住いの方々はきっとこの虹を見れたでしょう(^^♪

ポスティングやっていてこんなに爽快感のあるのは初めてでした(^^♪

さて皆さんハロウィンを楽しんでください(^^♪

僕は筋トレに行ってきます(^^)/

~愛知、名古屋のポスティングなら

ポスティング一筋24年のメルポスサンデックに

お任せください~

237views

(1 投票, 平均: 1.00 / 1)