メルポスサンデックの会社概要

お問い合わせは、フリーダイヤル0120320702

blog

様々な広告vol.4~看板広告~

2019年07月09日

この世に存在するいろんな広告を紹介するコーナー!

 

今回は車で走っているとよく見かける

交差点やビルの屋上に設置されている

看板広告のご紹介です(^^)

 

看板広告はかなりポピュラーな広告ですので

すでにご利用の方も多いかなと思います。

 

 

飲食店やクリニックなどお店の近くに設置している例も

よく見かけますね。

 

 

では看板広告って効果あるの?

公表されている数字をもとに検証してみたいと思います。

 

 

看板広告ってどんな物?

 

 

例えばこんなやつ↓

 

とか

 

 

 

駅の中だとこんな↓

 

とか

 

 

よく見るやつ↓

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

看板広告のコンバージョンは通行量ですね!

 

 

 

一日に何人の人がそこを通り、その看板を目にするかが重要です。

 

 

 

もちろん宣伝だけでなく、店舗や病院などの場所を伝えるための看板も重要ですが

この記事では「広告」としての効果検証ですのでそういった広告は除外して考えてみます。

 

 

 

 

まずは気になる料金ですが、

 

一般的な道路に設置の看板広告は料金が応相談になっているケースが多く

サイズによる料金差が大きいので今回は駅の看板を紹介します。

 

 

 

名鉄金山駅中央改札ポスタージャック

一週間の利用料 870000円

一日に換算すると約125000円

金山駅の一日の利用者 231007人

 

アプローチする一人の単価は0.53円となります。

 

もちろん興味のある人だけに遡及するものではなく無差別に

そこを通った人に宣伝するという効果になります。

 

 

無差別に投函するポスティングの反響率が平均0.03%と言われておりますので

反響率は同程度になるのではないかと。

 

一日23万人に遡及したら69人の反響が得られるという計算になります。

一週間で483人の反響を得られると。

 

もし商品を売るサービスを展開する企業様でしたら

一つ2000円という商品が483個売れるとなると

966000円売り上げることができる計算になります。

これだと原価を考えると赤字ですね。

 

 

商材としては客単価が4000円以上あるサービスでないと

利用は難しいのかなと思います。

 

 

しかし、

全ての通行者が見ているわけではないかもしれませんが

ブランディング広告としては視界に入ってくるという点で

かなりの効果を期待できると考えます。

 

実際私は駅の広告で「サマーセール開催中 最大90%OFF!!」みたいな

看板があったら足を運んでしまう経験が少なくないです。(^_^;)

 

 

看板を見て、お店に足を運ぶ。

ブランディング広告とレスポンス広告を同時に発することのできる媒体なのではないかと思います。

 

 

ただ最近スマートフォンの普及に伴い、駅を歩いている人たちも

ながらスマフォが目立ってきた印象を受けます。

 

エスカレーターで看板を見ている人よりもスマフォを見ている人が

多い印象です。

 

 

利用者も金山駅で一日23万人が利用しているとはいえ、

通勤などで同一利用者の可能性もかなり多いのも事実です。

 

一週間で161万人に遡及できるわけではないということも頭に入れて利用する必要がありますね。

 

 

 

決して安い媒体では無いので大手の企業さんが利用されていることが多いイメージです。

 

道路に設置の広告も病院やクリニックなどの場所の掲載がメインになっている感じもあります。

 

 

 

スマートフォンの普及によって看板広告のこれからが問われている時期なのかもしれませんが

現時点では効果的な広告なのではないでしょうか?

 

 

 

 

~愛知・名古屋のポスティングなら

ポスティング一筋24年の老舗

信頼と実績の㈱メルポスサンデックへ!!~

13views

(1 投票, 平均: 1.00 / 1)